【PR】
亀田一味の急所を強烈にえぐる!
パンチマルケス兄弟のブログパンチ
ボクシングを貶める亀田一味の悪行の数々に対し鋭いメスが入っています。

御用新聞が書かない亀田一味の真実
パンチ拳論!取材戦記パンチ
亀田一味の姑息な動きを追及しています。

25821931_590309825_16large.jpg

2009年04月28日

『マルケス兄弟のブログ』のご紹介!

最近忙しくて、なかなかこのブログの更新もままならない状態でした。
そんな中、亀田親子がまた悪さをしないかとハラハラドキドキでした。
似非世界前哨戦のあとはしばらく大人しくしていたものの、ここへ来て案の定『興毅の暫定戦画策』、『大毅の対戦相手(故小松選手の代役)にミニマム級選手が決定』など、最近なりを潜めていた姑息さが息を吹き返しつつあります。

と言うわけでここは健全なボクシング界を守るためにも気を引き締めて行きたいところです。
もちろん、そのためにはここへ来ていただいてる方をはじめ、いろいろな方の力も必要になってくるかと思います。

そんな中、少し前になるのですが、このブログの前身『嫌亀流』〜『続・嫌亀流』の頃からちょくちょく訪問して頂き、賛同してくれていたアンチ亀田の有志でもある『安置亀田』さんが『マルケス兄弟のブログ』という反亀サイトを立ち上げてくれました。
本来ならば、もっと以前に取り上げるべきだったのでしょうが忙しさにかまけて今頃になってしまいました。

『安置亀田』さんは、自らもアマチュアボクシングをされていて、頂くコメントからは、いかにボクシングというスポーツに敬意を払い、且つそのスポーツに愛情を注いでいるかが手に取るように分かります。
そのような方から見れば、亀田一味の日ごろからの行為は、ボクシング界を貶める行為以外に他ならないでしょう。

私のこの『嫌亀流2』は、時には茶化し気味に書くこともありますが、
ここで紹介する
『マルケス兄弟のブログ』
はボクシングを愛する立場から、亀田一味の抱える問題を鋭く指摘していて、大変読み応えのあるブログになっています。

以前からトップページも上段にリンクを貼っていましたが、記事として紹介することで、多くの方の目に触れていただけたらと思います。

そして現在、なし崩し的に風化しつつある(意図的に一味が風化させようとしている)亀田問題をもう一度振り返ってもらえるきっかけになればと思います。



posted by ふぉあまん at 22:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 亀田親子全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田興毅、そして史郎よ!お前らこそがウイルスだろ!!

↓コック相手に大苦戦
59_20090305_74731997.jpgメキシコを発生源とし、猛威を奮っている『豚インフルエンザ』。
世界各国で感染が広まり国内でのその感染が懸念される中、その発生源とも言える逃亡先のメキシコから、ノー天気な似非ボクサーが一人こっそり帰国した。

そう、肝心のボクシングはからっきしダメなくせに、姑息なマッチメイクとずる賢さ、粗暴さ、そして売名行為には定評のあるあの亀田屁コーキだ。

帰国時の囲み取材で御用新聞にこんなことを述べていた。
以下は御用新聞の抜粋だ。

興毅 豚インフルエンザ「なんか怖い」
ボクシングWBA世界フライ級1位・亀田興毅(22)=亀田=が25日、合宿先のメキシコから帰国した。

 メキシコを中心に感染者が確認された豚インフルエンザについて、興毅は「初めて知ったわ。なんか怖いな」と話した。
早朝、メキシコから帰国したばかりだが「和毅は体調崩してたけどもう治ったから大丈夫。でも一応、豚肉には気を付けろと言うとくわ。俺は大丈夫やで」と健康体を強調していた。

http://www.daily.co.jp/ring/2009/04/26/0001859047.shtml

しかしまぁ得意の売名のためとは言え、これだけの緊急時によくもしゃーしゃーとこんなことが言えたものだ。

この男が本当に『怖い』と思っているのならメキシコで感染してる可能性がゼロではないだろう。
だったら一刻も早く一時的に隔離して感染がゼロでないことを自ら証明すべきではないのか。
いっそのこと永久に隔離して二度と世間の前に顔を出さないで欲しいと思うのだが、同じ考えを持った人は大勢いるのではないか。

しかし考えてみれば、『ウイルスが怖い』とほざいてるこの亀田屁コーキとその一味こそが、日本ボクシング界の未来に根こそぎダメージを与えるウイルスそのものではないか。

自分のことを棚にあげて他人事のようなノー天気な発言、その厚顔無恥さには呆れてモノも言えない。

ついでに言うと、元々インフルエンザウイルスは『鳥』が感染経路になる。
亀田屁コーキは、見た目の粗暴な振る舞いからは想像もつかないくらいの臆病者だ。
ランダエタ戦の試合中(7R)に泣いていたり、いつまでたっても訳の分からないかませ犬としか対戦できないことを考慮しても明白だ。
そう、亀田屁コーキは史上まれに見る『チキン』なのだ。

以上から言えることは、感染云々が言われ出した当時にメキシコに滞在していたという事実、そして『臆病者』の『チキン』であると言う現実から亀田屁コーキは相当強烈なウイルスパワーを持ってるに違いない。

そしてそう思わざるを得ないのは、それだけこの親子が世間に忌み嫌われている証だろう。

先日、大毅の対戦相手の予定だった小松則幸さんが亡くなられた。
故人には失礼な話かも知れないが、このとき『亀田史郎の陰謀説』が大々的に流れたのも、このアホ親父がどれだけ忌み嫌われているかを示しているのではないか。
ついでに言うと、この男も自らはトンズラを決め込み、息子を代わりに謝罪会見の場に送り込むなど、相当な『チキン』だ。

ボクシング界に迷惑をかけウイルスのように振る舞い続ける亀田史郎に、亀田興毅。
早くボクシング界から出て行って欲しいと思ってるのは私だけではあるまい。
posted by ふぉあまん at 22:21| Comment(16) | TrackBack(1) | 亀田興毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

亀田史郎のブログで立証された興毅のヘタレぶりと史郎のアホさ加減!

10034277858.jpg最近悪の話題を振りまかなくなった亀田一味。
3月まではコックとの試合をあくまで世界前哨戦と捏造するのに必死だったが、その後は全く音沙汰なし。
きっと、下手に声を上げるとデンカオ戦が本当に実現しそうで、逃げ切れなくなると思い、おとなしくしてるのだろう。
本当にアホで臆病な話で同じ日本人として本当に情けなくなってしまうばかりだ。
そんな中、あのアホ親子の中でも最強のアホ・史郎のブログにこんなことが書いてあった。


興毅

興毅 早速 スパー開始


http://ameblo.jp/kameda3oyaji/entry-10239987619.html

何のことはないアホで低脳親父、史郎の一行コメントなのだが、ここに掲載されているスパーの画像が、興毅こと屁コーキのチキンぶりを如実に表している。
o0314023510164066239.jpg
この画像、どう見ても屁コーキの右は相手に見切られ空を切っている。
まさに芸術的な空振りだが、要はスパーとはいえ顎を打ち抜かれるのが怖くて、一歩踏み込んでのパンチが打てないのだろう。
わざわざメキシコまで行ってこんなヘタレスパーをする意味があるのだろうか。
まぁ、あるとすれば売名そのものでしかないのは明白だ。
同時に売名ブログによくもこんなヘタレな画像を掲載したものだと、史郎のアホさ加減にも今更ながら敬服してしまう。

話を元に戻すが、ここにもう一枚画像がある。
0523-3-1.jpg
ランダエタ戦で顎を打ち抜かれた精神的ショックを、必要以上に引きずりながら迎えたイルファン・オガー戦の画像だ。
汚いケツを突き出しながら相手を挑発しているかのような画像。
この下品な挑発がブーイングの元になるところは、日ごろの行いの賜物だろう。
しかし、この画像よく見て欲しい。
ボクシングを少しでも見たことがある方から見れば、屁コーキの臆病でビビリな性格が手に取るように分かるような画像なのだ。

この挑発行為、レナードや辰吉もよくやるのだが両選手とも相手のパンチの射程距離で常に被弾のリスクの伴う状態で行うのだ。
おまけにそんな距離で時折ノーガードで相手をわざと懐に呼び込んだりしている。
それに比べて屁コーキはどうか。
あまりにも情けない。
パンチが当たらない距離どころか、追いかけてきても逃げ切られてしまいそうなところからの下品な挑発ではないか。
情けないばかりのチキンぶりで、この画像を見るたびに呆れて物も言えなくなってしまう。

しかしここで気がついたことがあった。
この画像のように、相手の射程距離でない場所ではデカイ態度を取る屁コーキ。
この図式は、散々チャンピオンを挑発するも実現の可能性が出てきた途端、貝のようにおとなしくなったり、難癖つけて逃げを打つ。
そして、対戦の可能性が立ち消えになると、下品な挑発・恫喝を繰り返す。
全く同じ図式だ。

上のスパーリングの画像、アホの史郎がブログに掲載してくれたおかげで、亀田興毅が正真正銘の『浪速乃逃犬』であることとヘタレの『屁コーキ』であることが立証された。
同時にこんな画像を得意げに掲載する亀田史郎も、折り紙つきのアホと言うことと、分かりきってはいた事だがボクシングに関してもまるで素人であることが図らずも立証されてしまった。

俺はそう考えてる。




posted by ふぉあまん at 19:50| Comment(7) | TrackBack(0) | 亀田親子全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

怒りも発言すればよかった(BlogPet)

きょう八百亀クンは、言葉遣いも真似しなかった。
それできのう八百亀クンが、怒りも発言すればよかった?
でも、きょうは升田選手が下降したいなぁ。
それで親子にお返しされた!

*このエントリは、ブログペットの「八百亀クン」が書きました。
posted by ふぉあまん at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田興毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たらこ・明太子の通販ドットコム 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ×2セット 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ 【訳あり】博多辛子明太子1キロ(切れ子・ばらこ) 【訳あり】博多辛子明太子2キロ(切れ子・ばらこ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。