【PR】
亀田一味の急所を強烈にえぐる!
パンチマルケス兄弟のブログパンチ
ボクシングを貶める亀田一味の悪行の数々に対し鋭いメスが入っています。

御用新聞が書かない亀田一味の真実
パンチ拳論!取材戦記パンチ
亀田一味の姑息な動きを追及しています。

25821931_590309825_16large.jpg

2009年01月26日

亀田親子に汚し続けられたボクシング〜ボクシング黒歴史



ボクシング界をどれだけ貶めれば気が済むのか。
そう言いたくなるほど亀田一味がボクシング界に与えてきた罪は大きい。
ここへ来ていただいている方以外にも、亀田親子の悪事に対していろいろな手段を持ってメッセージを投げかけてる方は大勢いる。

ここで紹介するのはご存知の方も多いと思うが、you tube上に掲載されている亀田一味の『逃犬』ぶりの映像だ。

オリジナルの製作者はチャンピオンになることを一度は夢見た元アマチュアボクサーとのこと。
ボクシングを愛するが故に、このすばらしいスポーツを貶める亀田一味の行為の数々には我々以上に腹が立って仕方ないことでしょう。

というでこのページでは最近のお気に入りの新作を、右サイドバーの下部に現在までのシリーズをアップしました。

亀田一味の悪事をもう一度検証してみましょう。


posted by ふぉあまん at 16:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 亀田親子全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふぉあまんさんどうもです
ほんとこれらを見ると卑劣で卑怯で
人間性が微塵も感じられないどうしようもない一家だと再認識させられました
内藤チャンプがもしクソ2号を撃退していなっかったらと思うとゾッとします
3月の試合で失った人気を取り戻そうと必死になっているようですがどうせカマセの三文芝居
見る人が見たら八百長だとすぐばれてしまうでしょう
でも試合見てだまされるひとがわずかでもいるかと思うと腸が煮えくり返ります
だまされている人達の目を覚まさせる意味でもふぉあまんさんの活動心より応援しています
Posted by よっち at 2009年01月27日 18:56
以前から見とったんやが、この逃犬シリーズはタイムリーやなあ、めっちゃ面白ろいでっせ。
なんでも作者がアマチュアボクサーいうことやけどホンマに糞一家の悪業に異論があるんやろな、単に好き嫌いを超えてボクシング界の危機感を持っとるような切実な気概が感じられるでぇ。
史郎の糞ブログ、曖昧でんなぁ、コメも表示されたりされなかったりと、糞親父らしゅうてテキトーや、要は運次第、気分次第いうたところかのう。ゼニもろうて管理してるボンクラはん、もっと気合い入れんかぁ〜と言いたいでぇ。

Posted by とりあえず史郎 at 2009年01月27日 20:40
> ふぉあまんさん

今まで黙ってましたが、実は私はアマチュアボクシングをやっています。
プロ、アマの違いはあれば、ボクシングを通じて

・『礼に始まり礼に終わる』スポーツの美徳を学んだ。
・殴る(殴られる)痛みを知ることで、相手への思いやり/いたわりの心を知った。
・『純粋にボクシングが好き』という同じ思いを持った仲間に出会え、お互いに切磋琢磨できた。

ことが、何よりの財産になっています。

ここ数年来、亀田一味(とTBS)が、ボクシングの権威を地に貶めてくれました。亀田一味は、このブログのタイトルにあるように悪行の数々を、そしてTBSは、視聴率を稼ぐ為の道具として、神聖なボクシングを汚していくやり方に本当に腹が立っていました。

そんな中、ふぉまあんさんは自分と同じような考えを理路整然と記事にしてくれ、とても共感しています。なので感謝の気持ちと、少しでもバックアップできればと思い、コメントしています。

この動画にあるように、このままボクシング界の汚点が続くようであれば、本当にボクシング界の終わりが現実になってしまいます。そうならないように、アンチとして亀田一味の悪事を訴え続けるまでです。
Posted by 安置亀田 at 2009年01月27日 20:55
>よっちさん

ほんと内藤チャンピオンにあれだけやられながら今だ暴走を続ける亀田一味。
腹が立って仕方ないけど、文字通りゴキブリ並みの生命力ですね。
今後も警笛を鳴らして行きますのでよろしくお願いします。
Posted by ふぉあまん at 2009年01月28日 22:15
>とりあえず史郎さん

この逃犬シリーズはほんとうに傑作ですね。
亀田問題に関して的確な問題提起をしてくれるので観てて爽快です。
亀田が悪さを働く限り続編もアップして欲しいものです。
Posted by ふぉあまん at 2009年01月28日 22:18
>安置亀田さん

安置さんはボクシングされてるんですね。
だとすると、史郎の糞親父ごときが、ボクシング界を荒らしまわっていることに対してさぞかしハラワタ煮えくり返っていることでしょう。

いっそのこと、その拳で史郎のことブン殴ってやればいいのに…なんて思いますが、それをやっては安置さんの拳が汚れるだけですもんね。


>殴る(殴られる)痛みを知ることで、
>相手への思いやり/いたわりの心を
>知った

これは本当にすばらしいことだと思います。
このブログで記事にこそしてませんが、年末に内藤チャンプがタイトルを防衛した翌日のあるスポーツ紙にこんなことが書いてありました。
『息子にはボクシングをやって欲しい。チャンピオンになって欲しいとかそういうことでなく、ボクシングをすることで、自分の痛みも他人の痛みも知ることができる。
痛みを知っている人間は他人に優しくなれるんですよ。だから世界チャンピオンってみんな優しいじゃないですか。』

この記事を読んだ時に、内藤選手に対するリスペクトと同時に、ボクシングを喧嘩と金儲けと売名の手段として利用し、貶める亀田一味に対して、言葉では言い表せなくらいの憤りを感じました。

安置さんもボクシングというすばらしい競技に打ち込む中で、内藤チャンプと同じような気持ちを持たれたのかと推察いたします。
それだけに、亀田一味の行為は許すことができないというのも、よく理解できるような気がします。

今後も引き続き、キレのある書き込みをお願いします。
Posted by ふぉあまん at 2009年01月28日 22:35
このエントリー記事をを見たときに、自分のことを伝えれずにはいられませんでした。東京に拠点を移してからも、東京のジムに入門し通ってます。来年は、アマの定年を迎えるので気合入れてがんばってます。

たまに茶化したコメント入れてますが、私は純粋にボクシングが好きなんです。これは、ふぉあまんさんをはじめ、このブログに訪問する人みんなの共通する思いだと思います。

それだけにボクシングを汚す亀田一味が本当に許せない。

亀田擁護派は、ホントに亀田ファンならば、論理的かつ的を射た意見を述べてほしいモンです。まあ亀田ファンなんているわけなくて、亀田ブログにコメントしてる連中は単なるサクラなんで、ここで自分の意見なんて述べられないと思ってますが。

ふぉあまんさんに頼ってばかりじゃ悪いので、私もアメブロ登録をきっかけに、記事をエントリーしていきます。少しずつカスタマイズしていきますので、たまにはのぞいてくださいね。

Posted by 安置亀田 at 2009年01月29日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
たらこ・明太子の通販ドットコム 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ×2セット 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ 【訳あり】博多辛子明太子1キロ(切れ子・ばらこ) 【訳あり】博多辛子明太子2キロ(切れ子・ばらこ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。