【PR】
亀田一味の急所を強烈にえぐる!
パンチマルケス兄弟のブログパンチ
ボクシングを貶める亀田一味の悪行の数々に対し鋭いメスが入っています。

御用新聞が書かない亀田一味の真実
パンチ拳論!取材戦記パンチ
亀田一味の姑息な動きを追及しています。

25821931_590309825_16large.jpg

2009年03月13日

亀田興毅への引退勧告論噴出〜長谷川KO防衛、粟生戴冠のかげで・・・

しょっぱいファイトとKYな態度で
↓もはや引退しか道がない亀田屁コーキ

.\12日の長谷川穂積、粟生隆寛のタイトルマッチは実に見ごたえがあった。
強豪王者に不屈の闘志を見せつけベルトを獲得した粟生隆寛。
そして、最強の挑戦者を1Rで仕留めた長谷川穂積。
実に見ごたえがあり、『これぞボクシング』と言うに相応しい試合だった。
ここ一週間ほどもやもやというかフラストレーションが溜まっていたのを一気に解消させてくれた。

というのもつい一週間ほど前の忘れもしない3月4日、弱いくせに粗暴な振る舞いを見せているだけの、亀田アホ兄弟の茶番ボクシングごっこを目の当たりにしてしまったからだ。
しかし、どうして亀田アホ兄弟の試合を見るとフラストレーションが溜まってしまうのか。

まず、このアホ兄弟自身が弱すぎることに加えて、対戦相手もこれまた絶望的に弱いと来ている。
おまけに年齢不詳であったり、戦歴詐称の疑惑があったりで胡散臭い。

さらにインチキや反則を繰り返しボクシングを貶める行為、そして過剰なまでの売名行為。

肝心のボクシングの試合もまるで迫力、緊張感なし。
そして誰もが『もうそろそろ』と思うころに示し合わせたような予定調和のKO劇。
そのくせ試合後には大風呂敷を広げ恥の上乗りをする始末。
とにかく何から何まで面白くないのだ。

そんなところへ12日の試合。
長谷川の相手も、粟生の相手も強豪だ。
その強豪相手に当然のことながら真剣勝負(ここが亀田と違うところ)。
試合内容は対照的だったがどちらも固唾を呑む展開だったことには違いなく、それがボクシングファンを熱くさせるのだ。

亀田アホ兄弟の試合でのアホ面としょっぱいボクシングのあとに長谷川、粟生のホンモノのボクシングを見るにつけホンモノとニセモノの違いが手に取るように分かった。
そして先週ニセモノを見せつけられ澱んだ心が、ホンモノを目の当たりにすることで澄んだ心に生まれ変わったのだ。

こう思うのは私だけだろうか・・・。
ちょっと2ちゃんねるを覗いてみた。
私と同様の意見が数多くあり、『しょっぱいボクシングをする亀田アホ兄弟は、もはや何の商品価値もなく早く辞めるべき』との声が大半だ。

亀田アホ兄弟のつまらないボクシングに憤りを感じている人がいかに多いかつくづく実感した。

特に、コック相手につまらないボクシングをして『次は世界や』なんて息巻いてる亀田興毅は、本人も言っていたように、とっくに賞味期限は過ぎているのだから、恥の上乗りをせずにすぐにでも引退するべきだ。

俺はそう考えてる。






posted by ふぉあまん at 01:54| Comment(22) | TrackBack(0) | 亀田興毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同感です!

 亀田、特に、亀田興毅は、長谷川や内藤らが心血注いで築いてきた「ボクシング」というスポーツを巧みに使って詐欺的な商売をしているに過ぎない。
 屁興は常々、「ボクシングをいい形で盛り上げたいんや!」と言うが、余計なお世話だし、本当にいい加減にして欲しい。お前の技量なんか誰も期待していないのである。正直に「TBSをいい形で盛り上げたいんや!」と言うのなら、頑張れ!と声援のひとつでも送ってやるが。
 我々ボクシングファンは、亀田、なかんずく、オナラには早急な引退を勧告するものである。

Posted by 匿名 at 2009年03月13日 04:11
昨日は、ホールで粟生の応援でした。いやー、よかった。
どん亀の試合は金貰っても行きたくないですね。
Posted by くに at 2009年03月13日 11:04
最近本業の猿回し(ボクシング演劇)が思わしくないようで、史郎はお好み焼屋をするとかブログでゆうてるで。
Posted by at 2009年03月13日 13:00
おっしゃるとうりです。
12日のタイトルマッチは見てて興奮しました。あれがボクシングです。
糞亀一家のショーボクシングはもはや一部のマニアックな中高生しか喜ばないでしょう。

あの糞史郎を一発ぶん殴りたい!ほんま腹立つ!
Posted by 糞亀 at 2009年03月13日 15:00
昨日の試合は両選手とも見事でしたね
ますます亀田というボクシング芸人は不要だと痛感しましたw

それにしても他のブログだと
多少言葉を気にして書かなきゃいけないけど
このブログだと遠慮なくコメントできるからいいですよねw
ある意味世間に対する亀田家への本音が一番出されているブログだと思います
Posted by 38歳 at 2009年03月13日 18:38
長谷川穂積=神
内藤大助=王者
粟生隆寛=王者
新井田豊=孤高の元王者

亀一味=エセ中のエセ

ついに、この方程式が完成しました!
自分は昔から、亀一味の企みなど、お見通しでした!

「どうせ世間の奴らは、ボクシングのことなんて分かりゃせん。マスコミを使ってハデにハッタリをかまし、弱い奴をハデにブッ倒し、テレビの力とカネと勢いでチャンピオンになれば金儲けが出来る。」

これが、奴らの思惑であるとデビューして売り出してきた時から見抜いていました!
そして、こいつらを野放しにしておけば、
悪夢の「2006 8.2」や「2007 10.11」のような事態が起こり、ボクシング界が大きなダメージを被ることも、正直自分の予言通りでした!
(「2007 10.11」は、内藤大助の何もかもが報われた日であり、記念すべき日でもありますが。)

ですが、先日の長谷川、粟生のゴールデンタイムの活躍で、「Realは生きろ、Fakeは消え去れ!」という風潮がますます強まるでしょう!実に喜ばしいことです!

Real王者達よ!栄光の道を歩め!
Fake、いや、ボクシング界のダニ共はとっとと消え去れ!
Posted by 古河島 at 2009年03月13日 18:49
12日のW世界戦は本当に素晴らしかったですね。
先週のアホ兄弟揃い踏みのW戦で怒り心頭だったんで、いい口直しになりました。
同じWでもここまで違うとは・・・。
少なくとも亀田アホ兄弟に、12日のような見る人の心をアツくする迫力満点の試合などできないでしょう。これは断言できます。

ニセモノ(亀田)が蔓延り、ボクシングのイメージが歪められているなかで、今回のW世界戦のようなホンモノが世間に認識されるのは嬉しいです。

やはり『正義は勝つ』と思います。
最近、更新が滞っていますが、これからも盟友(というのは非常におこがましいですが・・・)として共闘できればと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 安置亀田 at 2009年03月13日 20:27
3月4日はまさに、カレーに見せ掛けたウンコを無理やり食わせれたような気分でしたが、12日の世界戦を見て、口すすぎが出来たような気がします。
Posted by 匿名 at 2009年03月14日 03:51
> 匿名 さん

ありがとうございます。亀田一味は偉大な先人たちが築いてきたボクシング界の蜜を独り占めしようとしているだけです。
もっとはっきり言うとボクシング界に規制するシロアリみたいな存在ですからね。
ほうっておくとボクシング界も屋台骨から崩れ落ちかねません。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 11:36
> くに さん

粟生選手の試合を生で見れたのはうらやましいです。
亀田の試合はお金をもらっても行こうとは思いませんね。
見た後気分が悪くなりますからね。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 11:39
>>最近本業の猿回し(ボクシング演劇)が思わしくないようで、史郎はお好み焼屋をするとかブログでゆうてるで。

そのブログは私も見ました。
以前奥さんが経営するお好み焼き屋を潰したことも忘れ、よくもしゃーしゃーとそんなことが言えたものだと感心しましたが。
どうせまたすぐつぶれますよ。

Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 11:41
>糞亀 さん

本当に12日の試合。
あれこそボクシングだと思います。
それとあんなクズ殴る価値もないですよ。
でもあの顎は素人のパンチでもダウンしそうですが・・・。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 11:44
>38歳

ありがとうございます。
これからも思っていることをストレートにコメントしてくださいね。

このブログはエロ系のスパムコメントやトラックバックは時折削除していますが、それ以外は一切制限ありません。
もちろん亀田擁護派のコメントも受け入れています。
でも擁護派のコメントがないということは、もはや亀田を擁護する人自体がほとんどいなくなって来ているのかも知れませんね。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 11:50
>古河島さん

ほんとここ何年かは亀田一味のせいでボクシング界にモヤモヤしたものがありましたが、先日はスカッとする思いでした。
今後は亀田の茶番ボクシングの試合の日程に合わせて世界戦を組むことで、より亀田のフェードアウトを加速させることができるのではと思います。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 11:55
> 安置亀田

そういえば、4日の茶番も悪のW戦だったんですね。
片や正義のW戦、片や悪のW戦。
まるでライダー兄弟とショッカーライダーの戦いの図式ですね。
もちろん正義の兄弟のほうが勝つのは当然ですが。

こちらこそこれからもヨロシクお願いします。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 12:00
>匿名さん

ズバリ的を射た表現で笑ってしまいました。
亀田のボクシングはウンコカレーだったんですね。
どうりで臭いし不快だと思っていました。
今回私も漱ぎ出来ましたが、菌が繁殖しないように根こそぎ退治する必要があります。
力を合わせて消毒しましょう。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月14日 12:03
お初です
自分は亀田兄の試合は兎も角弟の試合はちょっとだけ見直しました。
といってもいつもテストで10点しかとらない奴が今回は20点取ったというレベルですが(笑)

唯一の武器フックを生かすべくジャブを繰り出そうとした姿勢だけは評価したいと思います


まあ反則の事実は一生消えないでしょうが
Posted by K at 2009年03月14日 16:37
新たな情報提供をさせていただきます。

5月、亀一味の2号が小松則幸選手と対戦することが決まったそうです。

・・・どこまで腐っているのでしょうか。
小松選手は、先日元IBFミニフライ級王者ラタナポン・ソーウォラピンにKO負けを喫したばかり。ポンサクレック、内藤選手、その他様々な強豪とばかり対戦し、体は痛みきっているはずです。
そこを狙い撃ちし、「日本人に勝った、文句あるかシャオラー」とでもほざくつもりなのでしょう。

だったら、同じ日本ランカーでも脂が乗っている扇長吾央選手、または久高寛之、元日本暫定王者五十嵐俊幸といった選手とやればいいはずです。
この茶番をぶち砕く、激戦を戦い抜いてきた男の意地を何が何でも小松選手には見せていただきたいです。早く、体を治してベストの状態で戦えるよう、切に願っています。
Posted by 古河島 at 2009年03月14日 19:01
はじめまして。
いつも楽しく読ませてもらってます。


ニュースです!
亀1号、WBCのランキングを外されたらしいですよ。

Posted by りきまる at 2009年03月14日 20:22
ここ8戦ぐらい小松の試合を見ている者として感想を述べます。
正直、いまの小松は、リングに上げてはいけないように思います。そのぐらい、危険な兆候が出ているように見えます。
試合前のインタビューでの受けこたえの様子、全てのパンチを全く無反応なまま受けてしまう防御技術・・・言葉は悪いですが、「壊れた」というボクシング界の隠語がまさに当てはまる選手です。
おそらくジムは一番よく分かっているでしょう。それでもなぜ、試合を決めたのか理解に苦しみます。

もしかしたらこのカードに買収はないかもしれません(それでもグリーンツダの困窮を考えるとあるのかもしれない)
ただ小松選手がこのような状態であるならば、小松選手に対しての批判を回避できるんでしょう。要は日本人が八百飲みやがった、という批判ですね。今の状態の小松選手は明らかにサンドバックになるようなシーンもあります。そのような相手に空気を読まず倒しにかかるのでしょうか!?
ちょっとこれは見たくないなあ・・・
Posted by Maijor Tom at 2009年03月15日 00:16
 ポンサクレックへの世界挑戦敗退後、たびたび興毅に対戦を呼びかけていたフライ級の小松則幸(グリーンツダ)。そのオファーから逃げ切って逃犬成功したと思われていた亀田家が、小松の力量が落ち負けが込み始めた途端にオファーをし出してボクシングファンの爆笑を誘ったのが約一年前。

 なんとその亀田家が、まだ執拗に小松陣営にオファーをし続けていたことが判明、しかも、5月にどうやら試合をするらしい。
 
 小松といえば、2月にタイの選手に1ラウンドKO負けを喫したばかりである。普通なら、このような選手に引き続き対戦を呼びかけないものだが、そこは亀田家、一味違う。
 なんと、「KO負けした選手は90日間出場停止」の規則をきっちり守って、99日後に試合を組むと言う外道ブリを遺憾なく発揮、小松を東京まで呼び出して試合させようというのである。

 亀田家としては、チャンスは今だということなのだろうが、外道ブリもここまでくるとは末期、まさに「ハイエナ・ボクサー」一家の本領発揮である。

 ただし、試合をする以上、小松選手には頑張ってもらいたいものである。
Posted by 匿名 at 2009年03月15日 22:56
>K さん
初コメありがとうございます。
おっしゃるとおり胡散臭い部分はあるものの、大毅に関しては少しばかり成長の兆しがあるのかもしれません。
しかし屁コーキにいたってはボクシングはしょぼい。ウソはつく。
もはや絶望的ですね。


> 古河島 さん
小松選手の力の衰え、そしてKO負けでダメージの蓄積が心配されるところを見計らったかのようにマッチメイクする亀田一味はホントに腐っているかと思います。
もちろんこのマッチメイクは史郎の差し金以外のなにものでもなく、改めて史郎の卑怯さと姑息さ・・・ついでに獰猛さが認識できる出来事でした。


>りきまる さん
いつもありがとうございます。
WBCのみならず、本来はWBAのランキングから外れてもおかしくないはずなのに・・・。
WBAのランキングからも早くはずされて欲しいものですね


>Maijor Tom さん
小松選手の衰えぶり・・・というか永年のダメージの蓄積なのでしょうが、顕著ですよね。
そういう選手との対戦自体は特にどうということはないのですが、亀田一味はこれを日本人との対戦というアリバイ作りに利用し売名行為の意図が見え見えなところが腹立たしくて仕方ありません。
ただ決まった以上は、小松選手にはそんな亀田一味の姑息な企みを打ち破って欲しいものですね。


>匿名さん
小松選手の衰えを追うかのように執拗にオファーを出し続けていた点、90日間の出場停止直後の試合など、相変わらず姑息な手段に出ているのがすごく腹立たしい限りです。
こんなことだからいつまでたっても嫌われ続けるのでしょうね。
Posted by ふぉあまん at 2009年03月22日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
たらこ・明太子の通販ドットコム 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ×2セット 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ 【訳あり】博多辛子明太子1キロ(切れ子・ばらこ) 【訳あり】博多辛子明太子2キロ(切れ子・ばらこ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。