【PR】
亀田一味の急所を強烈にえぐる!
パンチマルケス兄弟のブログパンチ
ボクシングを貶める亀田一味の悪行の数々に対し鋭いメスが入っています。

御用新聞が書かない亀田一味の真実
パンチ拳論!取材戦記パンチ
亀田一味の姑息な動きを追及しています。

25821931_590309825_16large.jpg

2009年03月22日

悲惨!亀田興毅にスローガンをパクられ、就任後の支持率が低下した某国大統領

オバマ大統領亀田一味の売名のダシに使われると必ず不幸になる。
いままで再三ここで述べてきたことだ。
元大関や現役古参大関、かつてのアイドルにハリウッドの大物スター、そして歴史上の大人物等・・・。
数え上げるときりがなく、本当にこの親子の貧乏神ぶりには、怒りより先に哀れみを禁じえないのだ・・・。

そんな中、またもや亀田流売名行為のダシに使われ悲惨な目に合いつつある人物がいる。
そうあのアメリカの新大統領『バラク・オバマ』氏だ。

そのオバマ氏が大統領選挙の最中に挙げていたキャッチフレーズが『change』だ。
昨今の金融不況の中、そこから脱却し輝かしい未来を創造するための民衆の願いを込めた尊いスローガンだ。
そしてそのオバマ氏の熱い思いに国民は期待し、見事に大統領に就任した。
もちろん、就任当初の支持率は80%近くに達していた。

そんなオバマ人気を自らの売名に利用したのが、あの亀田一味である。
訳の分からない『亀田流change』というキャッチフレーズのポスターを作ったり、計量時にオバマ氏のTシャツ姿で現れたりと、オバマ人気を売名に利用したことは誰が見ても明らかだ。

それだけなら特にどうと言うことはないのだが、亀田一味の場合、今回は特に屁コーキの場合だが、一体何がchangeしたのだろうか。
人間性は以前から全く進歩なし。
平気でウソをつくし、最低限の言葉遣いもまるで出来ていない。
さらに肝心のボクシングの内容も酷すぎて話にならない。
コックのアルバイトボクサーに対してもしょっぱいこと極まりないダルファイト。
成長どころか、もはや手に終えないほど劣化しているのが分かる。

では何がchangeしたのか。
そうchangeしたのは対戦相手だ。
先日の偽世界前哨戦、当初の対戦相手は名前は忘れてしまったが、確か世界ランカーだった(これも先方がキャンセルしてきたというが怪しい)。
それがいつの間にか21勝19KOのドローレス・ビダルにchangeだ。
しかし、ビダルなんて選手は実在せず、実際に対戦したのは1勝4敗で38歳のコック、ドローレス・オソリオとこれまたchange??

呆れるばかりのchangeぶりではないか。
オバマ氏が、アメリカの未来に期待を込めた『change』という尊いスローガンを、ちんけな売名のために軽々しく盗作した挙句に、その中身も対戦相手の胡散臭いchangeのみでしかないという亀田屁コーキ。

そのせいかどうかは知らないが、最近オバマ氏の支持率が下降気味だというのだ。
本日のある番組では、就任当初よりも15ポイントほど下がっているとのこと。
もちろん、昨今からの金融不況の問題、そしてここ数日ニュースになっているAIGの問題などが絡んでのことだろうが、亀田に軽々しくスローガンをパクられ、悪用されたのも大きな要因かも知れない。

過去にも自らの売名のために、再三他人を窮地に陥れた亀田一味。
今度はアメリカ大統領まで窮地に陥れようとしているのか。
とんでもない貧乏神ぶりである。

国際問題に発展する前に、このような下品な売名行為は即刻やめるべきだ。
俺はそう考えている。





posted by ふぉあまん at 18:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 亀田興毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
100年に1度の大不況といわれる昨今・・・。

この金融不安をアメリカを中心に世界中が一致団結して、この危機を乗り越えていかないといけないところを、自らの売名のためだけに、オバマ大統領を陥れ、挙句の果てにはボクシング界では飽き足らず、世界中を金融恐慌に陥れようとするその身勝手さは、もはや国際裁判モノだと思います。

毎度のことながら、関係ない人に寄生しては、その人の地位を貶める亀田一味ですが、今回は世界経済に影響を及ぼすだけに、オバマ大統領も『Yes we can!!』と言ってられないでしょう。

俺はそう考えてる。
Posted by 安置亀田 at 2009年03月22日 21:31
不況ってなに?
Posted by BlogPetの八百亀クン at 2009年03月23日 14:53
>>では何がchangeしたのか。
>>そうchangeしたのは対戦相手だ。

ココア吹いた(www
Posted by 匿名 at 2009年03月29日 11:47
 旨味のある花に群がることしか考えていない野郎たち。それが亀田一家なんでしょうね。
 過去、さんまやキムタクを上手くだまして取り入ったり、今をときめく内藤大助チャンピオンのインタビューに乱入したり。ボクシングでは三流でも、「ハイエナ・ボクサー」としての嗅覚とフットワークだけは一流といわざるをえません。
Posted by 屁コック at 2009年03月31日 03:24
便乗するだけの屁コックはどうしようもないですね。
先日もテレビで「この時計はなあ、さんまはんに貰ったんや」などと大昔の事を持ち出して、さも自分がビッグであるかのように必死にアピールしてました。うちのおばあちゃんはそれを見て、「何言うてるんや、この屁コーキ屁コックは!」ってブツブツ言ってました。
Posted by クック at 2009年04月02日 14:39
便乗といえば、「旨味抜群や!」とばかりに以前はクリスチャン・ミハレスに便乗しまくってヨイショしまくっていた屁でしたが、最近ミハレスがパッとしなくなった途端、群がるのを一時やめてますね。
このあたりは屁コック屁コーキらしい行動ですね。
Posted by 屁 at 2009年04月02日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
たらこ・明太子の通販ドットコム 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ×2セット 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ 【訳あり】博多辛子明太子1キロ(切れ子・ばらこ) 【訳あり】博多辛子明太子2キロ(切れ子・ばらこ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。