【PR】
亀田一味の急所を強烈にえぐる!
パンチマルケス兄弟のブログパンチ
ボクシングを貶める亀田一味の悪行の数々に対し鋭いメスが入っています。

御用新聞が書かない亀田一味の真実
パンチ拳論!取材戦記パンチ
亀田一味の姑息な動きを追及しています。

25821931_590309825_16large.jpg

2010年09月01日

亀田和毅の判定が覆る〜稀代の悪・史郎と史郎二世・メヒカニートが結託

.\小学校から登校拒否。
ロクに中学も卒業していない、最終学歴小卒の亀田和毅。
何故かメキシコに逃亡し、エルメヒカニートなどと、ケッタイで下品なリングネームまでつけている。

屁コキのランダエタ戦での八百長戴冠劇や便器の反則騒動の際も、まだ小さいからという理由でこの男自身が非難の矢面に立つことはなかった。

しかし・・・これがそもそもの間違いだった。
この亀田悪徳親子を知る人物に言わせると、あの亀田史郎が稀代の悪であることは疑いようのない事実である。
しかし、屁コキや便器は悪であるけれども、極悪人の史郎に比べると一枚も二枚も格が落ちるとのこと。

じゃあ、この亀田和毅ことメヒカニートはどうかというと、これがまたとんでもないことに、まさに史郎を小さくしただけというのが一致した意見らしい。

わずか14−15歳にしてあの史郎を彷彿するだけの素行の悪さ、粗暴な性格を備えているとは、考えてみればとんでもないことだ。

にもかかわらず、亀田家撲滅の大バッシングの際に子供だからと非難されなかったのは、今となっては大きな間違いだったのかもしれない。

臭いニオイを元から絶つのと同じで、亀田一家という悪に対しても根元から根絶するべきだったのだ。

だから、メキシコでカマセ相手に連勝街道を驀進するとすぐに調子をコク。

屁コキの対戦相手である内藤大助選手に対して口汚くののしったり、屁コキがポンサクレックに負けた際に、史郎が判定がおかしいと安河内氏を恫喝する際に、史郎もびっくりするほどの粗暴な振る舞いを見せたり、本当に手がつけられないような悪のようだ・・・まぁ、あの顔を見ればすぐに分かりそうなものだけどね。

ボクシングの成長もショボイが人間的成長はさらにショボイと思って観ていたら、またまたとんでもないことをしてくれた。

先日行われたWBCのド・マイナーなタイトル戦。
試合前に対戦相手を口汚く罵ったことは、予想通りの行動だったのでいまさら驚かなかったが、なんと試合後に前代未聞のインチキの大どんでん返しがあった。

試合は三者三様のドロー・・・のはずだったが、何故か両者が試合会場をあとにしたのちに判定が覆ってしまった。

もちろん、勝者はメヒカニート・・・こんなことが起きた場合、今までの経緯からみて逆の結果はありえない。

なんでも、WBC会長のスライマン会長が、判定がおかしいとの鶴の一声でひっくり返ったらしい。
普通こんなことはありえない。

おそらく永久追放中にもかかわらず試合に同行し堂々とセコンドで指示をしていた史郎が、スライマン会長を抱きこみ買収し、遡って八百長判定を適用させたか、得意の恫喝でスライマン会長を脅し判定を翻したかのどちらかだろう。

勿論、史郎二世と呼び声が高い、未来の稀代の悪・メヒカニートこと和毅もそのくらいのことは織り込み済みだ。

今考えると、計量のあとにあれほど自信ありげに勝利宣言したのは、負けても脅せばなんとかなることを知っていたからだろう。

あの親にしてこの子あり。
早く根元から根絶しないとボクシング界が本当に危ない。

posted by ふぉあまん at 22:01| Comment(3) | TrackBack(1) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

亀田和毅、前日計量でのバッチイ出来事

ブリーフから糸を引きながらチャンピオン長谷川穂積選手を挑発するメヒカニート↓
t02200396_0240043210188196233.jpg亀田和毅が初の日本人対決を終えた。
この男の態度の悪さは看過できないものがあるが、試合にはさして関心はなかった。

ただそんな中でも一つだけ注目に値する出来事があった。
前日の計量での事だ。
計量自体は一発でパスしたが、その後ブリーフ1枚のカッコ悪い姿でマッチョのポーズをとるエルメヒカニート。

当然フラッシュが焚かれ翌日のスポーツ紙はもちろん、史郎のブログにもメヒカニートのブリーフ姿が掲載された。

と、ここまでは良かったが、ここから先がみっともないし、ばっちい。

なんとメヒカニートのブリーフの股間の辺りに、潤いというか、シミのあとがあったとか。

当然2ちゃんねるでその『潤い』『シミ』が何であるか話題になり、残尿かカウパーではないかとの事だが、最終的にはカウパーで間違いないと言うことで落ち着いたみたいだ。
しかし・・・あまりにもバッチイ。

ただこれが功を奏したのか、あまりにも不評だったメヒカニートというリングネームに代わり、『亀田カウパー和毅』とい新しいリングネームができたとアンチでは歓迎ムードだ。

しかしメヒカニートの股間のシミがカウパーという定説には疑問もないわけではない。
というのも、カウパーなら当然糸を引いているだろう。
そして和毅の股間のブリーフから糸を引いていたが、何も糸を引くのはカウパーだけではない。
寝食を共にして同じ釜の飯を食う、屁コーキの大好物の納豆も同じように糸を引く。

屁コーキが、納豆をメヒカニートのブリーフにうっかりこぼした事も、十分に考えられるし、その両方かもしれない。

いずれにしてもバッチイことに変わりはないのだが、そんなバッチくてカッコ悪い姿をさらしながら、あの名チャンピオン『長谷川穂積』選手に対して、『問題ないで、スパーリングなら俺が強い』と失礼極まりない挑発をしていたのだ。

チャンピオンに対してあまりにも失礼な言動や態度であるが、ブリーフから糸を引きながら、名前を出された長谷川選手が、あまりにも可愛そうでならない。

いずれにしてもブリーフから糸を引かせ、世間に不快感を与えた罪は大きい。

ラベル:亀田数毅
posted by ふぉあまん at 22:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

亀田和毅のリングネームの裏に隠された卑劣な思惑!

180px-4e0ef1c6.jpg亀田家アホの最終兵器・亀田和毅。
捏造したアマの実績をタテにプロテスト免除という、胡散臭いプロデビューを果たしたがその際に『トモキ エルメヒカニート カメダ』というリングネームに変更した。
エルメヒカニートとはメキシコの少年という意味らしいが、間の抜けた風貌と中身と同様に、こちらも何とも間の抜けたリングネームではないか。
見るからにバカに一層磨きがかかったような気がしてならない。
アホがアホの冠をかぶったようなものである。

しかし、この間抜けさに対して笑ってばかりはいられない。
このエルメヒカニートという間抜けたリングネームで試合に出る大きな理由が亀田一味にはあるのだ。

思い出してほしい。
一昨年10月の大毅と内藤選手のタイトルマッチを。
負けたら切腹と言いながら、試合では反則三昧の上大惨敗。
その後公の場で謝罪することもなく泥棒みたいにコソコソと逃げ回るだけの大毅。

そんなダメ男・大毅に対して容赦ない世間のバッシングがあったが、いつのまにか『未成年だから』という理由で大目に見る風潮が生まれ、当の大毅は切腹はもちろん、それに対する釈明も逃れている。

このことから、和毅にエルメヒカニート=メキシコの少年などとわざわざ間マヌケたリングネームをつけたのも、今後和毅も間違いなくしでかすであろう、インチキマッチメイクに反則まがいのラフファイトに対して起きるであろうバッシングに対して『未成年だから』『まだ子供だから』と言い逃れするための予防線に過ぎない。
間違いなくこのエルメヒカニートも兄2人と同じく、汚い手段でのし上がろうとしてくるだろう。

しかし、わざわざ反則をして、それに対する非難を」かわす為のリングネームをつけるとは・・・。
試合をする前から反則をすると高らかに宣言しているようなものである。

トモキ エルメヒカニート カメダこと亀田和毅は亀田家の悪の最終兵器に他ならない。


posted by ふぉあまん at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

亀田和毅惨め!〜石川遼クンがマスターズ出場、己はメキシコの僻地で草試合


あの石川遼クンが史上最年少でマスターズに出場することになったのは、プロスポーツ界にとって今年最初の朗報だ。
記者会見では本人もびっくりしていたみたいだが、全力を尽くして頑張って欲しいものである。

そんな遼クンを尻目に、一人惨めな男がいる。
亀田アホバカ3兄弟の末弟・亀田和毅ことエルメヒカニートだ。

180px-4e0ef1c6.jpg奇しくも、和毅と遼クンは同い年。
でもそれ以上の共通点は何もないはずなのに、一方的に因縁をつけたメヒカニート。
その因縁の内容も稚拙極まりない。
プロゴルファーの遼クンに向かってなんと『俺のほうが強い、リングに上がれや』と一方的に喧嘩を仕掛けてきたのだ。

でも遼クンはさすがマスターズの招待状が届くだけの実力の持ち主。
日本から逃亡し、メキシコの僻地で三文草試合に興じているエルメヒカニートとは格が違いすぎる。
和毅のチンピラみたいな因縁に対して『僕はケンカしない、殴ったら手が痛いじゃないですか』と貫禄さえ感じる余裕のコメントだ。

こうなるとエルメヒカニートの威勢のいい言葉が痛々しく感じてしまう悲惨さだ。

今や、世界を舞台にこれからの活躍が期待される石川遼クンに対して、かたや親子で築いてきたインチキの数々のせいで、今後頭角を現してきても、反感を買うだけというのが関の山という、更に悲惨なボクシング人生が待ち受けているエルメヒカニートこと亀田和毅。

アホな親父とバカな兄弟に交じったためという、自業自得とは言えあまりにも惨めだ。

posted by ふぉあまん at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

悲惨!亀田和毅に因縁を吹っかけられたせいで前途多難に陥った新大関

f-sp-090113-3303-ns.jpg過去に何度か記事にしてきたが、亀田一味に一方的に関わらされたことで、窮地に陥った人物は数知れずだ。
かつての名大関、トップアイドル、ハリウッドの大物スターなど数え上げればきりがない。
そして今回も亀田一味が一方的に関わってきたために窮地に陥っている人物がいる。
新大関・安馬改め日馬富士だ。
亀田恥知らず3兄弟の末弟・和毅が新大関・日馬富士誕生に際してこんなことを言ってのけた。
『あの名前では横綱になられへんな』、己もエルメヒカニートと訳の分からないケッタイなリングネームで売名を働きながら何たる言い草だ。

大相撲界でナンバー2の大関まで上り詰めた日馬富士、まだ産毛が生えたような鼻たれヒヨッ子プロボクサー・エルメヒカニートごときにこんな謂れのない因縁を吹っかけられたせいで、すっかり調子を崩してしまった。

亀田一味と違い、日馬富士は性格が真面目なだけにこの影響は根が深いようで1月14日現在、なんと初日から白星無しの4連敗。

望んだわけではないのに・・・気がついたら亀田一味に関わってしまったせいで横綱を狙うどころか、もしかしたら来場所カド番になってしまうのではないかという危機に瀕している。
今後大相撲界の屋台骨を支える一人になるだろう新大関に対してあまりにも礼節を欠いた行為で断じて許すことができない。
いったいどこまで他人に迷惑をかければ気が済むのだ。

先日はあのプロゴルファーの石川遼クンもエルメヒカニートに『リングに上がれ』と因縁を吹っかけられていたが、幸い関わることなく上手くかわし、難を逃れたようである。

今まで散々警笛を鳴らしてきたが、亀田一味が一方的に関わってきたせいで人生の窮地に陥った人の数は計り知れない。
どうして奴らは無関係な人に関わり、その人を貶めていくのか。

亀田一味は、売名のために無関係な人間の名前を金輪際出さないで欲しいものだ。



【関連記事】

★悲惨!史郎とクラスメートだったというだけでタレントイメージを決定的に損なった元アイドル
★悲惨!亀田興毅の名前の由来になっただけで日本中の同情を一心に集める元大関
★悲惨!亀田興毅にテレビ番組の中で無責任な批判を受け、芸能活動存続の危機に陥った若手女優
★悲惨!亀田大毅になりすまされ伝説を失墜させられた歴史上の英雄
★悲惨!亀田興毅に曲を使いまわされ、あわやブランドイメージを失墜しかけたハリウッドの大物スターと架空の伝説ボクサー
posted by ふぉあまん at 02:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

かわいそうな亀田和毅!

h-bt-070906-1-ns.jpg  『負けて

ないで、

俺のほうが

強い!

リングに

上がれや!』



8930519.jpg
 『・・・』 
(「僕、けんかしたことない…。自分の手が痛いじゃないですか」
)





posted by ふぉあまん at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

石川遼クンに相手にされなかった亀田和毅!次のターゲットは誰?

先日一方的にプロゴルファーの石川遼クンを挑発した亀田和毅。
相手にされず惨めさだけがクローズアップされたメヒカニート。
性懲りもなく次のターゲットを探しているに違いない。
ターゲットにされる側には何の責任もないので同情を禁じえないが、売名のために手段を選ばないこのメヒカニートは同年代のスーパーアスリートに見境なく因縁をつけることが予想される。
となると、今最も危険なのが浅田真央ちゃんだ。
恐らく次のようなシーンが予想される…。


h-bt-070906-1-ns.jpg 「フィギアは

金持ちの

スポーツやからな。

でも負けてないで。

俺のほうが強い。

リングに

上がれや!」 



1188599730.jpg 「私、けんか

したことない…。

自分の手が

痛いじゃない

ですか」




ここまで来ると、遼クンの時とは比べ物にならないほど痛く惨めなのは必至。
少々腕力があるからと、同級生の女の子に喧嘩を仕掛けるバカはそう世間にいないであろうが、この亀田和毅の場合は十分それも考えられる。
しかしプロボクサーが氷の上の天使をリングに引きずり出そうなんて、考えただけでもみっともない話であるが、そのみっともない下品な行動をカッコイイと思って起こすのが亀田一味の伝統ではないか。

今回はあくまでも想像の領域でしかないが、本当にやってしまいそうなのが怖い。
このような事にならないのを切に願うばかりだ。



posted by ふぉあまん at 23:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

惨め!亀田和毅〜石川遼クンに相手にされず!

いまだ勝ち星のない挑戦者をわざわざメキシコから呼び寄せ、茶番KO勝ちしたトモキ・エルメヒカニート・カメダ(亀田和毅)。
そんな茶番ショーにも関わらず舌好調だ。


.\  「人気では

勝たれへんけど、

オレの方が

(けんかが)強い!

リングに上がれや
」 







一方的に因縁をつけられたものの、日立3ツアーズ選手権の9番、18番でロングパットでバーディーを決め、逆転優勝の原動力になった石川遼クン。亀田の挑発にも動じない。
s2008121303ishikawa.jpg  

「ボク、けんか

したことない…。

自分の手が

痛いじゃないですか」




さすが遼クン!
あんなごろつきボクサーを相手にする気など毛頭なさそうだ。
ここまで来ると亀田和毅の発言の痛さ、虚しさだけが目立ってしまう。
いくら注目されないからとは言え、普段からの素行の悪さという自らまいた種、もっと言うならアホの兄貴2人がボクシング界を汚したせいで、見向きをされないだけの話。

普通は地道に精進するものだが、このアホの和毅は己の嫌われている要因を外部に求めようと姑息な手段を使うからこんなイタイ結果になってしまうのである。

嘘でもいいから「石川遼クンすごいですね、世界は違うけど僕も頑張ります」と言えたらいいが、この男には無理だろう。

それよりも無関係な人間を挑発するなと言いたい。

ニュースソース
http://www.zakzak.co.jp/spo/200812/s2008121303_all.html


ラベル:亀田和毅 石川遼
posted by ふぉあまん at 01:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

亀田和毅、プロゴルファーに向かって「リングに上がれや」〜兄以上の大バカ者だった

.\昨日、噛ませ犬相手に予定調和のKO勝ちを収めた亀田和毅。
あの大毅と対戦したビッキー・タフミルも真っ青なほどの噛ませ犬だったが、おめでたい和毅はこんなサンドバッグみたいな相手に勝っただけなのにすっかり有頂天だ。
全くアホとしか言いようがないが、そのアホさ加減をあの同年代のプロゴルファー石川遼選手に向けてしまった。

以下は中日新聞からの抜粋だ。

亀田3兄弟の三男・亀田和毅改め、トモキ・エルメヒカニート・カメダ(17)=亀田=が 日本初戦を2回1分33秒KO勝利で飾った。
(中略)

同じ17歳のゴルフ・石川遼に対して 「人気では勝たれへんけど、オレの方が強い」と亀田節をさく裂させた。

(中略)

ボクシング界を背負うであろう怖いもの知らずの17歳。
ジャンルは違うものの、同い年の 石川遼クンの活躍は耳に入ってくる。
「ゴルフはメジャーやもんな。オレがボクシングで世界王者になっても、3階級王者になっても アイツには人気で勝たれへん。ゴルフは金持ちのスポーツやしな。でも負けてないで。オレの方が
強いやろ。リング上がって来いって」



所詮学校に行っていない奴の発言はこんなものだろうと呆れるほかなかったが、いくらなんでもプロゴルファーに向かって「俺のほうが強い、リングに上がって来い」と言うバカは今までに見たことがない。

年齢は同じでも、当然進む道が違うのである。
当然ボクシングは素人、そんな素人相手にムキになって「俺のほうが強い」「リングに上がれ」なんてこの男は恥という言葉を知らないのか。

そもそも石川遼選手は亀田和毅と同じ年かもしれないが、向こうはちゃんと学業と両立させながら、プロの第一人者になろうとしているのだ。
学校にも行かずに、亀田式反則ボクシングばかり練習して噛ませ犬との草試合に勝って雄たけびをあげるだけのバカ和毅とは全く違うのである。
所詮亀田和毅など、石川選手が自ら同じ土俵に立って相手にするほどの人間ではない。

そんなに勝負したいのなら石川選手にこう言ってほしいものだ。
「向こうは腕力だけは強いかもしれないけど、学校にも言ってないし、ましてやゴルフなんかヘタクソ。僕と勝負したいのならクラブを握ってみたら?それともアタマで勝負する?」

それこそ和毅にとって惨めな結果が待ち受けているのは目に見えている。
いつまでも自己中心的で稚拙な発言をしていると、二人のアホ兄貴以上のバッシングを浴びるのは間違いないだろう。
その日は近い。


posted by ふぉあまん at 23:06| Comment(8) | TrackBack(1) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

亀田和毅、試合前から態度だけは世界チャンピオン!何様だ!

.\アホと言う意味での『亀田家の最終兵器』和毅が大口を叩きまくっている。
以下はスポニチからの引用だ。

「一発ももらわんと、20連打で終わらすわ」と完全勝利宣言。
公開練習ではWBA世界スーパーフライ級6位の河野公平(ワタナベ)相手に実力を見せつけた17歳は「河野くんとも互角にやってる。あとは試合で出せれば世界に行ける」と強気に話した。


記事全部はこちら

と、まぁこんな調子だ。
兄二人もアホ丸出しだったが、この和毅は和をかけてアホである。
対戦相手は、未だ勝ち星のない噛ませ犬で、興毅のデビューの時と全く同じ。
違うのは相手がタイ人かメキシコ人という点だけ。
よくもまぁ、こんな見え透いた猿芝居興行を打てるのかつくづく感心するばかりだが、一点だけ許しがたい点がある。

大先輩の河野公平選手に対して『クン』付けで呼んでいることだ。
ボクシング界も年齢も、このゴキブリよりも遥か上をいく大先輩ではないのか。その大先輩がスパーリングという稽古をつけてくれたのである。
にも関わらず、この男は相変わらずの上から目線。
ロクに学校へ行っていないとこうも屑みたいな人間しか育たないのか。

この男も興毅と大毅のアホの兄貴と同様、噛ませ犬相手に勝てば活ほど嫌われ者指数が上がっていくのは容易に想像できる。



posted by ふぉあまん at 12:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

亀田和毅プロデビュー〜大切なものを忘れ拳闘ごっこに夢中

価格.com ブロードバンド



.\亀田3兄弟の中でも『アホ』という分野において最終兵器でもある和毅がメキシコでのプロデビュー戦をKOで飾ったと、亀田一味の御用新聞が報じていた。
まぁ、この男のボクサーとしての資質はまだ海のものとも山のものとも分からない段階なので、今回の試合内容云々について語るつもりはない。

それよりも、義務教育をちゃんと受けていなかったことのほうがかなり重要な問題なのだ。
義務教育は、社会生活に適応するために最低限必要な教養、知識もさることながら同様に社会生活において必要最低限なマナーなどの人間教育の場でもある。

要はこれらを放棄した人間が『わいはプロボクサーや』などと大口を叩いてもいいのかということである。

昔、たしかインドの方での話だったと思うが、山中で狼に育てられた人間の子供が発見されたそうだ。
見た目は人間でも、仕草や行動は狼そのものであり、保護されて人間社会に復帰してからも、狼の習性は抜け切れなかったという。

この和毅の場合もこれに当てはまる。
義務教育という、まさに人間としての行動や仕草を学ぶ場を放棄して、狼よりも醜いゴキブリ親父・史郎にトコトン悪の教育を受けているのである。
さらに興毅、大毅といった恫喝や反則ばかりする悪の見本のような兄弟まで傍にいるではないか。
これではまともな人間が育つはずもない。

拳闘ごっこに明け暮れずに、早急な人間教育が先だと思うが、狼以下の知能の亀田一味にこの声は届かないだろう。



posted by ふぉあまん at 13:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀田和毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たらこ・明太子の通販ドットコム 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ×2セット 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ 【訳あり】博多辛子明太子1キロ(切れ子・ばらこ) 【訳あり】博多辛子明太子2キロ(切れ子・ばらこ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。