【PR】
亀田一味の急所を強烈にえぐる!
パンチマルケス兄弟のブログパンチ
ボクシングを貶める亀田一味の悪行の数々に対し鋭いメスが入っています。

御用新聞が書かない亀田一味の真実
パンチ拳論!取材戦記パンチ
亀田一味の姑息な動きを追及しています。

25821931_590309825_16large.jpg

2009年10月07日

亀田史郎が判定に不満でゴネる〜関係者を恫喝でついに永久追放か!

2_20090929k0000m050042001c.jpg亀田史郎の卑劣さと獰猛ぶりは今まで何度も触れてきた。
そしてその卑劣さと獰猛さ、そして反社会的性格がボクシング界にとってどれほどマイナスになってきたかも述べてきた。

そんな史郎は現在、世界戦で反則を指示という蛮行で無期限ライセンス停止処分中だ。

そんな身でありながら、興毅VSデンカオの『覚書』にサインをしたり、大毅のスパーリングパートナーをつとめるなど、数々の違反を繰り返してきた。

ここまで来ると残された道は、史郎が望む『復帰』などではなく、『永久追放』以外にありえないだろう。

そんなことを思っていた矢先に、もはや凶暴性にブレーキのかからなくなった糞親父・史郎がまたやらかしてくれた。

本日の大毅VSデンカオの試合。
亀田側のセコンドは日本語が話せない外国人のトレーナーと、逃犬・興毅の二人とのこと。

それにもかかわらず亀田サイドからは複数の日本語での指示・・・と言うよりは怒号がが飛び交っていたとのこと。

どうやら、史郎が関係者の制止を振り切ってセコンドに立ち入り、指示を出していたという情報も飛び交っている。

これが本当ならとんでもないことだ。
一刻も早く処分を『永久追放』に格上げすべきだろう。

さらに、今回の試合は明白なチャンピオンの勝利だったにもかかわらず、『少なくとも4ポイントは大毅が勝っていた』とゴネまくり、これまた関係者を恫喝していたという情報まで飛び交っている。

本当に腹立たしい限りだが、これって刑法犯に置き換えると無期懲役の判決で服役中の受刑者が、日ごろは模範囚と見せかけ、監視が甘くなった途端に脱走し、シャバで犯罪を重ねる・・・と、こんな図式だろう。

とんでもない凶悪犯ではないか。

そんな亀田史郎をこれ以上野放しにし、復帰の道を残しておくことは、ボクシング界にとっても大きなマイナスだ。

そろそろJBCは英断を下してほしい。
俺はそう考えてる。





posted by ふぉあまん at 02:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 亀田史郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

どこが成長してるの?〜亀田大毅、大口叩くも無策の完敗!

結局この頃と何も変わっていない
亀田大毅クン↓
無題.bmpTBSの姑息な実況と音響操作、そして『鬼塚勝也』の犬解説のせいで、あたかも接戦のような印象を与えたデンカオvs大毅。

確かに後半スタミナが切れかかっていたとはいえ、ほとんどのラウンドを制したのはどうみてもチャンピオンのほうだ。

一方、大毅は今までよりも多少手数が増えたものの、ただそれだけ。
それよりも、内藤戦で見せた反則こそなかったものの、『首をかしげるポーズ』が随所に見られるという、『成長のなさ』『進歩のなさ』が露呈された。

だいたい、自分で『成長した』とほざく奴に限って実はまったく成長などしていない。
成長したフリ・・・つまり陳腐なパフォーマンスをしているだけなので。
これは世の中の常識だ。

そしてもう一つ言わせてもらうと、あんなロクデナシ親父やチンピラ兄弟に囲まれていて人間的に成長できるわけがない。

デンカオの調子がよくなかったとは言え、当然の結果である。

しかし大毅は命拾いした。
僅差の判定負けで『惜しかった』『あと一歩だった』という印象を与え、同情と哀れみを呼び込むことができるからだ。

どんな勝ち方をしても八百長扱いされ(今まで散々やってきたことだからそう思われても仕方ないのだが)、ぼろ負けすればボクシング界にも居場所がなくなってしまう。

そういう意味では最高の負け方だったのかも知れない・・・が、もしかしてこれこそが亀田一味が思い描いた試合展開。
つまり八百長だったのかもしれない。

さて、祝勝会の会場まで用意していた亀田一味。
大毅が『成長した姿を見せたい』と考えているのなら、その晴れの会場で、前回できなかった『切腹』をすることで成長のあとをみせてほしいものだ。





posted by ふぉあまん at 21:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 亀田大毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅の公開処刑が間もなく開始!

散々ボクシング界のイメージを貶めた亀田一味の中の出来損ない、亀田大毅の公開処刑が間もなく始まります。

今日で大毅は引退、華麗なるKO負けシーンを見逃さないようにしましょう。

しかし、この馬鹿親子、すでに祝勝会の場所まで押さえてるなんて・・・例のごとく八百長を仕組んだのか、それとも2年越しの切腹の場所に切り替えるつもりなのか、こちらも注目です。

大毅の切腹に期待!!!
posted by ふぉあまん at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 亀田大毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

JBCは亀田史郎に鉄槌を!!


知性の欠片もない獰猛な亀田史郎↓
史郎.bmp

先日、実質永久追放中(JBCの温情裁決で無期限停止)の亀田史郎が、身の程をわきまえずに大毅のスパーリングパートナーを行い、ボクシング界の良心を揺るがす大問題となった。

騒ぎが大きくなると、『あれはパフォーマンスだった』とJBCを煙にまこうとしたが、本日ようやく口頭での厳重注意が下ったようだ。

しかし、この亀田史郎という男はこの程度の甘い処分だとかえってツケ上がる可能性が大だ。

何せ、知性のなさと獰猛さは折り紙つき。
その持ち前の獰猛さで、後楽園ホールの観客にダイブしたり、レフリーを恫喝したり、そして生放送中の番組で、やくみつるに対して『コロスゾ』と言ったり、とても真人間とは思えない悪態ぶりだ。

そんな史郎に情けをかけたところで、その情けを踏みにじられることは目に見えている。

今回亀田一味は処分の解除を申請するつもりだろうが、JBCは申請の前に永久追放の処分を下すくらいの大英断が必要だった。

そうでもしないとこの馬鹿親父のせいで滅茶苦茶になってしまうだろう。

俺はそう考えてる。
ラベル:JBC 亀田史郎
posted by ふぉあまん at 23:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 亀田史郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田大毅の地獄絵人生〜勝つも地獄、負けるも地獄

無題.bmp亀田極悪親子の中でも、傍若無人さでは右に出るものがいなかったほど、悪態極まりない亀田大毅。

その悪態と日ごろからの反則で1億2千万総バッシングを受けた『国民の嫌われ者』だ。

最近反省したふりをしているが、あちこちのメディアで時折ボロを出し、実は無反省だということはとっくにバレている。

今回も減量に苦しんでいると報じられていたが、蓋を開けてみれば計量一発でパス。

もしかしたら、相手を油断させるための作戦だったのかも知れないが、まぁこの位ならまだかわいらしい方だ。

しかし、今回の計量がどうやら密室で行われていたため計量時の画像がないという情報が飛び込んできた。

もしかしたら計量でインチキがあったのではないかと思ったのは私だけではあるまい。
おそらく、純粋なボクシングファンの全てがそう思ったに違いない。

日ごろの行いの自業自得とは言え、自らまいた種。
このことは、大毅の試合結果による反応にも表れるだろう。

つまり、ありえないとは思うが文句なしの判定勝ちや、誰もが唸るKO勝ちを収めたところで八百長コールが沸くのは必至だし(屁コーキの時と同じ)、大方の予想通りに負けても、再び大バッシングを浴び、ボクサー人生の終焉を迎えることになるだろう。

行く先に待つのは地獄のみ。
だったら全てが望むデンカオのKO勝ちによる大毅の地獄行きを期待したいものだ。

われわれは、過去に『僕が指示しました』という大毅の反則に目を光らせなければならない。



ラベル:亀田大毅
posted by ふぉあまん at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 亀田大毅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たらこ・明太子の通販ドットコム 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ×2セット 【切れ子のみ】本場博多辛子明太子 1キロ 【訳あり】博多辛子明太子1キロ(切れ子・ばらこ) 【訳あり】博多辛子明太子2キロ(切れ子・ばらこ)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。